住宅ローンを組んだのは29歳の時でした。

人生でこんなに大きい買い物は無いので、この物件で住宅ローンを組んでいいのか悩みました。

また物件価格と自分の貯金、給料、これから返済していけるのか、
20代のうちに住宅ローンを抱えるのはまだ早すぎるのではないかと不安になりました。

住宅ローンという聞こえはかっこいいですが、簡単に言えば「借金」です。
できるだけ自分の出費がないように金利の低い銀行を選びたいと思いました。

私が住宅ローンを組んだ銀行は地方銀行です。
大手銀行から住宅ローンを組んだ方が安心かと思いましたが、
私が組んだときには地方銀行の金利がキャンペーンを出していて大幅に金利が大手よりいい条件でした。

また、29年間生活していた地域に少し貢献できるとも思い選びました。
地方銀行にして良かったです。

なぜなら、何かあった時に近所に支店があるのでかけつけられます。
私が住んでいるところは田舎なので大手銀行に行くには電車に乗らなければいけません。

すぐ窓口に言ってローン担当者と相談できる環境があってよかったと思います。

住宅ローンを当時組んだときは、25年の期間で契約をしました。

今後の返済計画としては、できるだけ繰上げ返済をして期間を短縮していきたいです。
購入して3年たちますが、1度繰り上げ返済をしました。

まだ毎月1.3万円の利子を支払っている状態なので出きれば1万円をきりたいです。
1万円を切るには大変な道のりですが、節約をして頑張ります。

今後住宅ローンを組む方へのアドバイスですが、
利子を支払いたくない人は住宅ローン契約時に頭金を多く出して返済スパンを短くした方がいいと思います。
「借金」の利子程嫌なものは無いと思います。

頭金を用意するのは大変かと思います。
もし手持ちが無い人は、両親からの贈与も受けられます。

上限1200万円までです。
銀行に借り入れるより両親からまだ借りた方が利子はありません。
住宅ローンを組む際に検討してはいかがでしょうか。
また、物件が省エネ対応の住宅だと国から控除も受けられます。
また、住む地域によっては市の援助(住まいの援助金)が出るところもあるそうです。
私が購入した市ではそのような取り組みが無かったのですが、ある地域もあるので事前に調べた方が失敗はありません。

お金は大事です。
借金をするのですから、よく調べて住宅ローンを組みましょう。
住宅ローンを組む、借り換えする際に金利を少しでもさげたいならこちらのサイトがオススメ!